【ガンプラ製作】MG ガンダムバルバトス製作③ 改造 【パテ埋め スジ彫り 合わせ目消し シャープ化】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

MG ガンダムバルバトスの改造をしていきます。
あまり難しいことはまだできないのですが、シャープ化やスジ彫りなんかを少ししていきます。

前回↓

目次

肉抜き穴パテ埋め

いきなりですがやらかしました!

くわしくはこちら↓

合わせ目消し

滑腔砲に合わせ目があるので消します。

タミヤセメント 流し込みタイプ 速乾を使います。筆付きで使いやすいです。

少しだけすきまを開けてそこに接着剤を流し込みます。

接着剤を流し込んだらしっかり押さえて合わせます。
速乾なのですぐ乾いていきます。僕は心配性なので5分ぐらい放置しています。

乾いたらデザインナイフやヤスリをつかって表面を綺麗にします。
600〜1000番のヤスリを使ってます。

頭部

頭部はシャープ化、モールド彫り直しをしました。

胸部

ハッチ部にスジ彫り追加、シャープ化しました。

スジ彫りがなかなかきれいにできない。

腕部

腕部はマイナスモールドを追加しただけです‥ もう少し頑張ればよかったかな?

腰部

スジ彫り追加、シャープ化しました。

脚部

スジ彫りとプラ棒(角)の追加をしました。

プラ棒は角を少し落として瞬間接着剤で取付けてます。

バックパック

丸モールド、スジ彫り追加、シャープ化をしました。

丸モールドはピンバイスで穴をあけてから、ゴッドハンドのスピンブレードで整えてます。

スピンブレードを使うとかなりきれいになるのでおすすめです!

モールドの彫り直し 仕上げ

モールドの彫り直しをします。スミ入れをするならやったほうがいい作業です。
塗装すると浅いモールドなんかは埋まってしまいます。

仕上げにスポンジヤスリで掘り直した部分のバリを取ってきれいにします
600〜1000番をつかっています。

ダメージ加工

分かりにくいですけどコーナー部などをリューターで削って擦れた感じを出しました。

ダイソーのリューターを使いました。いつかは、プラモデル用のやつを手に入れて使ってみたいです。

まとめ

最初からいきなり失敗してしまいました。けど、なんとかなりそうです。

改造は初心者の方にはハードルが高く感じられるかもしれないですが、一部だけでもやってみるだけで印象が変わったりするのでやってみることをおすすめします。
自分も難しいことはまだ全然できないです笑

次は塗装に入ります! それでは良いガンプラライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次